2009年07月15日

緊急告知!! 日食グラス作りが!!

Mieこどもエコフェアは、7月の18〜19日なんですが、、、

その直後に、日本全国で大イベントがあるの、ご存知ですかexclamation&question


晴れ「日本で46年ぶりの皆既日食」晴れ

なんて、言われてますよね!
7月22日(水)のことです。


太陽が月に隠されて昼間なのに暗くなっちゃう、というもの。


といっても、この三重県では、「部分日食」ということで、
80%程度の太陽が欠けて、三日月のような太陽になります!三日月


ですがむかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)

太陽晴れって、危険なものなんです。
太陽光発電ではエネルギーを人間に提供してくれますが、
そのまま見ちゃうと、目が悪くなっちゃうんですexclamation×2exclamation×2

紫外線とかの有害なものが目に入ると最悪、失明する(目が見えなくなる)可能性があるといわれています。


・・・でも見たいですよねたらーっ(汗)

ということで、安全に見る「日食グラス」「日食めがね」というものが、巷で販売されています。
理科では「遮光板(しゃこうばん)」ともいわれています。


・・・でも、実は、もう売り切れ続出なのです!!
ほとんど手に入らないのです!!
みんな、見たいんですよね。



ということで、なんと!!
Mieこどもエコフェアのブースで、先着で、
晴れ日食グラス工作晴れができることになりましたexclamation×2

しかも、無料無料!

これは、チラシにも書かれておりません。
急遽、決まったばっかりで、このブログで初広報ですexclamation×2


ひらめき紙スペースシャトルを飛ばそう
  (四日市市立博物館) 19日(日)のみ
なるほど!ザ・太陽こちらのブースで、「日食グラス」を作ることとなりました。
ただし、先着40名限定です。
1家族(グループ)につき1つと限らせていただきます。
みんなでまわしてみればいいですから!!
(部分日食は、すぐに動いていくわけではありませんから、焦ってみなくても大丈夫なんです)
四日市市立博物館でも、日食のプラネタリウム番組をしており、番組を見た方に日食グラスを配布したところ、すぐに500人以上になってしまって、配布を終了したとのことです。

ですから、日食前に、四日市で日食グラスを作って持って帰るのは、これがラストチャンスになるかもexclamation&question

19日(日)限定、10時のイベント開始より
場所:研究学園都市センター 2階研修室
先着40グループ限定


日曜だけの、早い者勝ち!!
このブログを見た人だけの限定情報です!!
でも、早々と終了しましたら、申し訳ありません。

そして、その日は、その外で、四日市市立博物館の「きらら号」がやってきて、太陽を安全に見せてくれます。
「きらら号」とは、天文台ドーム・望遠鏡を載せたトラックなのです。

ぜひぜひ来てね!



  次項有イベント概要はこちら

posted by 夏のエコフェア at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 出展ブース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30569330
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック